【s18序盤元気構築】幻ガルクレセニンフ

すーさーです。
暇なので没構築書きます。


f:id:monjara:20161023001813p:plain


使い慣れているガルクレセニンフ+使ってみたかったメガガブリアスで遊んでみたところ、良かったのだが18から急ブレーキしたため解散


f:id:monjara:20161031141827j:plain
(ここまでは良かったのです)


ちなみにタイトルの「幻」は幻のシーズン18と幻のメガガブリアスということで掛けています!!!!!
幻がゲシュタルト崩壊したので軽い個別解説へ。




【個別解説】




・ガルーラ@石 意地っ張り
197-159-110-×-101-118 → 197-192-130-×-121-128

秘密の力/グロウパンチ/噛み砕く/不意打ち

ゲッコウガ蹴手繰り15/16耐え
準速70族+6

ゲッコウガを対面から処理できる唯一のポケモン
未だにガルクレセニンフのガルーラの技構成には悩んでいる



クレセリア@ゴツゴツメット 図太い
227-×-189-95-151-105

サイコキネシス/トリックルーム/三日月の舞/電磁波

HBぶっぱ

s17と変わらないサポートに徹した技構成



ニンフィア@拘り眼鏡 控えめ
188-×-97-177-151-83

ハイパーボイス/サイコショック/めざめるパワー炎/破壊光線

B:メガバシャのフレドラ高乱数耐え
C:ほぼぶっぱ

こちらもs17と変わらない。トリルニンフ以外まともに使えない状態になってしまった
読み()が上達したのか交換読みめざ炎を面白い程当てた



ガブリアス@すごそうないし 無邪気
183-178-114-105-94-169 → 183-218-134-145-103-158

逆鱗/地震/流星群/剣の舞

A:一舞地震で203ガルーラを確一
B:A特化メガガルーラの秘密不意耐え
C:HD以外の大体のメガマンダを流星群で確一
S:最速

種族値の暴力。微妙に足りないと感じていた剣舞ガブの130というA種族値が170といい感じに
C4クレセリア程度であれば有利対面から流星群→剣舞→逆鱗で生き残りつつ突破できるため、崩し性能が非常に高い。そのためサイクル構築全般に出せる
流星群の採用によって、竜+鋼という逆鱗を打つと非常に不快になるサイクルに対しても役割を持つことが出来る
ガルーラとの同時選出もしやすい
入手方法フラッグ1000個とのことだがどう考えてもそこまでの価値は(ry



マリルリ@ラムの実 意地っ張り
207-112-100-×-101-70

叩き落とす/アクアジェット/腹太鼓/眠る

ほぼHAぶっぱ

クレセドランに強く、ファイアローウルガモスを牽制する駒
ガルクレセニンフ+マリルリという案は半年程前からあったのだが、タイプ被りを嫌って躊躇していた。しかしフェアリーが2枚となったことにより、
·メガガブリアスが弱い相手のガブリアスの選出を抑制
·じゃれつくを切り、腹太鼓後に受けることが多い猫騙し→引く→猫騙しという立ち回りへの対抗として眠るを搭載した



ヒードラン@食べ残し 穏やか
193-×-127-151-145-128

マグマストーム/毒々/挑発/守る

S:準速メガハッサム抜き

普通の穏やかドラン
最近はミラー意識の大地の力を搭載している個体も多いがマリルリの投入により切り、スイクンクレセリアの阻害ができる挑発
しかし選出率は最も低く、この枠は改善の余地がある(手遅れ





70戦で1900くらい。しっかり集中出来ていた時は勝てたのでそれなりに強い構築です。集中切れて飽きただけです。